職場でのストレスはほぼ人間関係。疲れる前に意識的に休みをとる方法

他人と長時間同じ時間を過ごす職場。

環境によっては家族よりも長く、同じ空間にいる場合もあります。

たとえ居心地が良くても、やはり他人。気を遣ってしまい無意識に疲れてしまっています。

 

居心地が良くても、気を遣うのが他人ですね

 

そんな空間にもし、苦手な相手がいるのなら、あなたには知らぬうちに、毎日ストレスが蓄積されています。

 

この文章では、職場や公共の場などでの人間関係において、気を遣い過ぎて大きなストレスを抱えこむ前に、

「気持ちのお休み」を意識的にとる方法をお伝えします。

周りに気を遣いすぎていませんか

syokuba

日々のコミュニケーションの中で出来るだけ「いい人でいたい」と思うのは職場の人間関係の場ではごく自然な考えです。

しかしその思いも行き過ぎてしまえば、気を遣い過ぎて疲れてしまい、自分自身がしんどくなります。

程よく気を遣い、バランスのよい人間関係を保つには、

日々の人間関係の疲れから、多少行き過ぎてしまった気持ちを

定期的に休めることが大切です。

 

自覚はあまりないけど、もしかして人間関係に少し疲れているのかな?

 

そんなあなたは以下のお疲れ度チェックをご確認下さい。

 

人間関係のお疲れ度チェック

混んでる電車にとてもイライラする
作り笑いが最近上手くできない
気配りが上手と言われる事が多々ある
他人との会話の後に自分の反応や受け答えについてずっと気になる。
会うのが気が重くなる人物がいる
上司の評価がとても気になる

いずれか1つでも当てはまれば、人間関係に疲れてきています。

自分自身を強制的に休ませましょう。

 

そうは言っても上手く休む事が出来ない

では、少しの時間でも簡単に休む、具体的な方法を紹介します♪

 

人間関係で意識的に休みを取る方法

職場や公共の場で、ストレスを感じる相手や物事に距離を置く

苦手な人や自分が考えなくてもいい物事には、物理的にシャットダウンする。

職場での休憩タイムはひとりになる

上手く理由をつけて、ひとりになれる場所でゆっくりする

仕事がオフの日は携帯電話もオフ

携帯電話をオフにすることで、強制的に見ない、触らない時間を作る

電車などの場所では、即リラックスできる環境にする

電車などの聞きたくもないのに聞こえてくる話声や、

好ましくない匂いなどは、即ヘッドホンで音楽を聴いたりマスクをする。

プライベートでは、しつこい相手は忙しさをアピールする

自分にとって必要度のあまり感じない人やお節介な人が接触してきたら、

忙しさを全面に出し、バリアをはる

SNSに一喜一憂しない

ついつい気になってしまうのがSNS。目を通す回数や時間を決めると、

あまり気にならなくなっていきます

無理して笑わない

愛想笑いと同じ位、ひとりの時は真顔でいましょう。

 

気軽にできそうです♪

 

最後に

umi

職場や公共の場での避けることの出来ない人間関係。

近くなりすぎると嫌悪感が出てきやすくなり、かといって遠くなりすぎると、険悪なムードや誤解の原因となります。

人間関係の距離を上手く取ることは、以外と難しいことが多く、

やはり自分自身でホッと休憩できる抜け道をいくつか持つことが、

ストレスを出来るだけ蓄積させない大事なポイントだと感じます。

少しのことで普段よりイライラしたり、他人への自分の対応が

細かく気になり始めたあなたは、人間関係のお疲れ度が高くなっています。

 

人間関係を意識的に休むには

職場や公共の場では、出来る範囲で、ストレスを感じる人や物からは心理的にも物理的にも距離を置き、人間関係の休みを少しでも取ってください。
 真顔になっているか?

 

電車などシャットダウンが出来る空間の場合は、マスクや好きな音楽などで、不快な匂いや雑音を取り入れない様にして下さい。
他人との距離が近くなる電車は、ただでさえストレスが高くなる空間ですね。とことんストレスを取り入れないように最善を尽くす

 

プライベートでは

とにかく、他人からのストレスを感じないようにする。SNSも嗜む程度に。思い切って携帯電話もオフにすると、気持ちも休めます。

 

疲れてどうしようもなくなる前に、ほんの5分でも

無になれる「休み」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメント