スポンサーリンク
ツインレイ

ツインレイと出会い統合する道のりは、今までの人生全てを失う覚悟がいる 

 

悩むもぐら君
悩むもぐら君

運命の人、ツインレイと出会いたいです♪。どうすれば出会えるの?

 

自身の魂の半分を持ち、猛烈に惹かれ合う唯一無二の運命のお相手ツインレイ。

今世でめぐり逢いたい!と思うのが人間のサガなのかもしれません。

 

ですが、ツインレイに出会う人生というものは、出会う前は人一倍苦労をしたり

出会ってからも、今まで築き上げた人生・友人・家族までも全てを失う事になっても一緒にいる本気の覚悟が必要です。

 

今回はツインレイの「現実的」な部分にフォーカスしていきたいと思います。

 

この記事で分かる事

  • ツインレイの現実
  • ツインレイとの統合は、全てを失う覚悟がいる理由

この記事を書いている私むんは、ツインレイと統合し6年程が経ちました。

ツインレイとの日々は、「これでもか!」という程、何枚も何枚も自身のエゴを剥がされる作業が続きます。

切実に全てを失う(手放す)事が、ツインレイと生きる、使命だといえます。

スポンサーリンク

ツインレイに出会うという事は…

ツインレイが肉体で対面し出会い、目を見つめ合い、プログラムが発動する事実。

それは物質的な生活を営む、3次元を主体とした今の地球上での分かりやすい「物質的現象」でプログラムのスイッチを入れているという事です。

 

ツインレイが「出会う」という事は、人間が受精し、生まれてくる可能性や確率と同じであり

人間の創造上、ある一定数が出会う「確率」になっているのです。

 

スポンサーリンク

ツインレイの現実

 

ツインレイが出会う事は、生命の誕生の確率となんら変わりません。

生まれてくる事(出会う事)は奇跡であっても、共に過ごす日常は、時の流れと共に慣れ、ごく自然な事であると感じる様になっています。

 

現実というものは、本当は全て美しく儚いものなのですが

私達人類は、その有難さを忘れてしまう生き物なのです。

 

しかし、忘れ、また全てを失うとしても、再生する人間の力。

忘れるといったプログラム、それ自体も、自然で美しいです。

 

 

関連記事

昔読んだ寄生獣をアニメで観たらスピリチュアルなメッセージが沢山詰まっていた

ツインレイは社会的使命・役割を果たす為に、物質的な地球で巡り会う

宇宙のサポートをひしひしと感じる【運命の人ツインレイとの出会い】

 

ツインレイとの統合は全てを失う

ツインレイと出会う事も「確率」であり、統合までの道もプログラムであり

その先にそれぞれの使命があります。

 

ツインレイと出会う前は、孤独感が強く、なにかと自分なりの地位・大切な物を守りながら生きてきたと思います。

しかしツインレイに出会うと、そのツインレイのお相手が全てになります。

その為に、今まで培ってきた全てを失う様に感じます。

実際には全てを失う訳ではなく、エゴを手放す作業が始まるだけなのですが

物質社会で生きている人間である私達には、エゴが根付いている為、実際にはひとつずつ一歩ずつ、手放していくしかないのです。

 

今まで大事にしてきていた全てを失うという事は、物質的価値観を全て失う作業であり

ツインレイのお相手によって、自身が統一(統合)する事であり

本質的には全てを失うではなく、全てを手放す事で「愛」に気がつく、という仕組みになっています。

 

最後に:ツインレイと出会う事で、今までのカルマの全てを失う

 

究極の運命の人、ツインレイと出会いたいと思う人は、多いかと思います。

 

しかし、ツインレイと出会う人生は、正直なところ、ハードです。

 

出会う前は、苦労を苦労と思わなくなるレベルにまで、今まで築き上げた何もかも、全てを失う事になったり

出会って統合すると、しばらくは幸せすぎて、逆に退屈だと感じて(相反する為)生きていたくなくなってしまったり

生命の天と地を、どちらも長く濃厚に体験しつくし

物質社会での今までの生活の価値観全てを失う事になります。

 

幸せも苦労も感情も、自身の存在すら全て失う事になりますが

 

それは生まれてきたカルマ=エゴをなくす作業であり

なにもかも無くし、ゼロにし、集合体へと還っていく「のみ」だと宇宙のしくみを知り降参する事、「無」への領域の歩み、ツインレイとの真髄の深い使命が始まっていきます。

 

ツインレイと出会い統合する道のりは、今まで築き上げてきたもの全てを失う覚悟が居る程、ハードですが

自身の使命のままに降参し、乗り越えていく事を同士として願います。

 

 

今回は以上となります。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
シェアする
むんをフォローする
さんよんご次元