繊細すぎてなにかと生きづらい 5人に1人に該当する「HSP」とは?

HSPとは

周りの人に比べて、なんだか色々細かいことを気にしてしまったり

人混みの中や、機嫌の悪い人の近くにいると

体調が悪くなる…

 

表情や空気感で人の気持ちが伝わってくるよ・・・

そう感じている人は

HSP」とゆう気質が関係しているかもしれません。

この記事では、繊細で敏感な気質「HSP」についてお伝えします。

 

繊細で敏感な人HSPとは

HSPとは、アメリカの心理学者である「エレイン・N・アーロン博士が1996年に「the highly sensitive person~ささいなことにもすぐに動揺してしまうあなたへ」の自著で提唱した概念で、過剰なまでの敏感さをもつ、生まれもった気質のことをHSPと呼び

人口の5人に1人とゆう、身近で高い割合で繊細で敏感なHSPが存在します。

HSPに共通する5つの特徴

繊細で敏感

音や匂い、食べ物など全ての外部刺激に対し敏感。また自分自身の思考による刺激や、

場所や人のエネルギーの雰囲気にも繊細に反応する人も。

他人からの影響を受けやすく人混みが苦手

他人がなにを感じているかを敏感に察知したり、深く共感したりするので、相手の想いや感情にひっぱられやすい。

人混みにいると他人の情報がひっきりなしに入ってきて、気持ちのバリアをはらないと気分や体調が悪くなる。

内向的でマイペース 

敏感なので小さな事にびっくりしたり、くよくよしたりする。仕事では急かされたり結論を迫られたりすると、パニックになる

その分、マイペースで慎重。物事を丁寧にこなします。

感受性豊かで芸術的

感受性豊かで、相手がとうゆう答えが欲しいのか、察することに長けている。

鋭い感性から、音楽、本、哲学など芸術的な物に深く感動する。

カンや第六感が冴えている

目に見えないスピリチュアルな世界を感じる。なぜか相手の心の中が感じとれる。

 

繊細で敏感な人の、気持ちがラクになる習慣や対処法

繊細で敏感なHSPは、他人と自分の心の境目が薄く、自分の身の回りの出来事に対して過敏に反応してしまう、もって生まれた気質です。

その事により人一倍疲れてしまい、自分の殻に閉じこもる事も多いです。そんな繊細すぎて、なにかと生きづらいHSPが、外部に起こる出来事に囚われず、

しなやかに心地よく過ごす為には、3つの大事なことがあります。

 

心理療法でも使われる3つの大事なこと

知る

HSPについて「知る」こと。同じHSPでも個人差があるので、自分の気質を理解する

・自分が敏感になってしまう時や、場所などをメモなどをとり、振り返る。

・本を読んだり状態を集める。

自分の気質を「知る」ことは自分と向き合い徐々に肯定できるようになる、大事なことだよ

対応する

「知る」ことで、得た自身の苦手分野から自分が敏感になってしまう刺激を、出来る範囲で避ける。

周りに振り回されず、気持ちよく過ごす為に、人間関係や生活環境を整理する。

 

自分の苦手な事やモノを知り、仕分けすることは、自分を大事にし、シンプルな思考につながるね

 

心構えをつくる

自分の気質や、特に繊細で敏感な分野を認め整理した上で

「自分を中心にし、生きづらさは感じなくて構わない」

と、自分に何度も言い聞かせる。

ラクに生きる為、人生を大事にする為に、強く心構えをもつ。

 

自分の人生をよりよくするぞ!と覚悟を決めることが大事です

まとめ 

・他人と自分の心の境目が薄いのがHSPの特徴です。
・繊細で敏感なHSPの気質は、その繊細さゆえに、素晴らしい感性をもっていたり、良心的な人が多い。
・刺激に弱く、色々考えすぎてしまい何かと生きづらい。

 

そんな自分を責めず、気持ちをラクにして生きていくのを悪い事だと思わず

繊細で敏感な自分を認め

心構えを作り

自分を分析し

シンプルな選択を常に心がける事が大切です。

 

HSPは、鋭い感性を持ち、他人の気持ちに寄り添える素晴らしい気質です。

 

 

コメント