ツインレイ

映画ボヘミアン・ラプソディからみるソウルメイトに出会う女性の特徴

ツインレイやソウルメイトなど、強い魂の絆で結ばれたお相手と今世で出会う女性には

共通する特徴があります。

 

運命の人と出会う女性の特徴を、代表的な人物で挙げるとするならば、偉大なるロックバンド「クイーン」のボーカルの元恋人であり、生涯フレディ・マーキュリーの人生を影で支えていた人物

「メアリー・オースティン」という女性だと感じます。

 

今回は、最近見た映画「ボヘミアン・ラプソディ」から、フレディーとメアリーの関係性にスポットを当て

強い絆のソウルメイトに出会う女性の特徴について、ご紹介させていただきたいと思います。

 

この記事はこんな方に読んで欲しいです。

  • ツインソウルやツインレイ、ソウルメイトなど、強い魂の絆で結ばれた男性と、今世で出会う女性の特徴について知りたい
  • 映画ボヘミアン・ラプソディの魅力を知りたい

 

スポンサーリンク

映画ボヘミアン・ラプソディを見てのあらすじや感想

 

ロックバンド「クイーン」のボーカルである、フレディ・マーキュリーの伝記映画である「ボヘミアン・ラプソディ」

 

2018年に日本でも公開され、元々クイーンのファンである人も、あまりクイーンを知らなかった人さえも、感動の渦に巻き込んだ

アカデミー賞最多4冠、興行成績第一位にもなった大ヒット作品です。

 

私自身はクイーンはなんとなく知っている程度でしたが

映画ボヘミアン・ラプソディを観てフレディ・マーキュリーの

  • 歌の圧倒的なうまさ
  • 声の素晴らしさ
  • 天性の表現力
  • 人生の降参度の高さ
  • 勘の強さ

 

など、本物のスターや、神に選ばれし物の運命の定めなどが、作品を通して痛い程に突き刺さり、大ファンになってしまいました。

 

スポンサーリンク

スーパースターの光と闇

神に選ばれたスーパースター「フレディ・マーキュリー」

 

人々を魅了する天性の声や、存在感の「光」があまりにも強いですが

それと同等の「闇」も映画「ボヘミアン・ラプソディ」には沢山描かれていたり、表現されていました。

 

その光と闇はあまりにも大きくて、光輝く程残酷であり、そして芸術や美でもあります。

フレディは自身を持て余す程の人生や使命を全うし、受け入れながら歌う美声は、本当に美しく、私達の胸を撃ちます。

あまりにも純粋な「芸術家」は、作品をより光にし、皆に届けようとするあまりに、命を落とす事があります。

それは作品に飲み込まれるともいえますが、自分を犠牲にしてまでも統合しようとするから美しい光となり、人々の心に強く残ります。

私はそんなロック歌手や画家にとても惹かれますが、やはり生きていて欲しかったといった気持ちにもなります。

しかしそれもエゴであり、いつまでも美しく残る作品に敬意を感じる事が、物事の全てであり、完結だとも思います。

それと同時に地球に生きる選択をした偉大なるスーパースターの方々にも、本当に敬意を抱かずにはいられません。

 

話が逸れてしまいました。

 

フレディ・マーキュリーは45歳の時にAIDSによる免疫不全により、亡くなりますが

人生の中で、フレディが絶大な信頼を持ち続けたお相手が、元恋人のメアリー・オースティンでした。

 

フレディーとメアリーは魂の絆で結ばれている

フレディーとメアリーは運命的に惹かれあい、相思相愛となりますが

メアリーはフレディーに同性愛者である事をカミングアウトされ、破局します。

しかし、破局後もお互いの魂の絆は途切れる事なく、フレディーは45年の人生の中で「真に信頼しているのはメアリーただ1人である」といい、遺産の大部分をメアリーに残しました。

 

2人の絆は、物質上離れていても、生涯信頼で繋がっています。

 

フレディー自身も、メアリーの事をソウルメイトだと言ってますが

現代でいうならば、より深い魂の繋がりであるソウルメイト=ツインレイやツインソウルの事を指しているのだと思います。

しかしもはやそんな言葉の分析は、必要のない程の眩しいふたりです。

 

メアリーにみるソウルメイトに出会う女性の特徴

映画ボヘミアン・ラプソディの中でメアリーは、強い魂の絆で結ばれた人に今世で出会う女性の特徴を表現してくれています。

 

そのソウルメイトに出会う女性の大きな特徴として

「その人の根本や魂を視る」

事ではないでしょうか。

 

強い絆のソウルメイトに出会う女性は、言葉の内容や容姿ではなく、魂の伝えたい事や、純粋さを感じとる事に長けているのが特徴です。

 

そして魂の絆の強いソウルメイト=ツインレイやツインソウルに出会うと

 

「お相手に何があっても、味方でいる」事が大きな特徴です。

 

何故ならお相手は、自分自身であり、自分自身と統合する事が、人生の目的であるからです。

 

最後に:魂の絆が強いソウルメイトに出会うという事

 

今回は映画ボヘミアン・ラプソディの中で、フレディ・マーキュリーの人生を影で支えていた人物

「メアリー・オースティン」から、強い魂の絆のソウルメイトに出会う女性の特徴について、ご紹介させていただきました。

 

強い魂のソウルメイトとはツインレイやツインソウルであり

 

物質的な性別、病気、立場、環境など全てが意味を持たず、無条件に完璧な信頼をお互いに持ってしまうお相手の事です。

 

映画ボヘミアン・ラプソディが今すぐ観たい方

私は映画ボヘミアン・ラプソディをAmazonプライムビデオにて299円で視聴しました。

 

関連記事

【ミニマリスト】Amazonプライムはメリットしか見当たらない

 

映画ボヘミアン・ラプソディ-はU-NEXTでも観れます

※本ページの情報は2020年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

映画関連記事

ツインレイやツインソウルの映画だと感じた「ザ・ディスカバリー」

【スピリチュアル】映画「I AM アイ・アム世界を変える力」を観た

引き寄せの根本を理解できる映画「西の魔女が死んだ」あらすじや名言

映画「君の名は。」は運命の人ツインレイ・ツインソウルの話[スピリチュアル]

 

映画ボヘミアン・ラプソディは何度も観たくなる、素晴らしい映画です。

 

 

今回は以上となります。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

シェアする
むんをフォローする
さんよんご次元