スポンサーリンク

映画「君の名は。」は運命の人ツインレイ・ツインソウルの話[スピリチュアル]

 

©️2016「君の名は。」製作委員会

2016年の夏に公開され大ヒットした、登場人物の男女が時空を超える奇跡のストーリー。

誠監督の作品「君の名は。」

 
むん
むん

私も劇場で2回観ました。

今回は多くの人の心を惹きつけ続けている映画「君の名は。」のあらすじを、スピリチュアルな視点から見た感想を交えてお伝えします。

 

「君の名は。」はこんな人におすすめです。

  • 美しい音楽と映像が好き。
  • 映画「君の名は。」を家で気軽に観たい。
  • スピリチュアルな映画を探している
  • 運命の人と出会う恋愛ストーリーが観たい

 

スポンサーリンク

映画「君の名は。」のあらすじ

千年に1度の彗星の来訪を一か月後に控えた日本。

主人公の女の子。女子高生の三つ葉(みつは)は神社の家系で、昔からの風習や、家の環境、せまい町にうんざりしながらも日々を過ごしている。

そんなある日、夢を見る三つ葉。

その夢の中では、自分と同世代の都会に住む男の子になり、憧れていた大都会東京で、思う存分楽しむリアルな夢。

同じく、都会で夢を見るもうひとりの主人公の男の子滝(たき)も、見たこともない田舎で女子高生になっているリアルな夢を見る。

三つ葉も滝もそのリアル夢は続き、次第に現実にも入り込んでくる、リアルな物事や周りのリアクションに、二人は現実でも入れ替わっている事に気がつきます。

入れ替わっている現実に、戸惑いながらも、お互い入れ替わっている時はメモを残したり、相手の生活を楽しみながら過ごしていきます。

しかし、お互いを理解し、気持ちを受け入れはじめた頃、突然入れ替わりがおこらなくなります。

何度も入れ替わる中で、三つ葉との繋がりが特別な意味を持つ事に気がついた滝は

「会った事のない君をこれから僕は探しにいく」と、夢で何度も入れ替わった三つ葉に会いに行くことを決めます。

 

映画「君の名は。」のスピリチュアル的見どころ

※ここから多少のネタバレを含んでいます。ご注意下さい。

 

スピリチュアルな場面が沢山ある映画「君の名は。」

 

その中でも運命の人「ツインレイ」を表しているポイントは

  1. 彗星の分裂
  2. 片割れ水
  3. 組紐
です。

詳しくひもといていきます

 

彗星の分裂

千年に1度の彗星の来訪の時、半分に割れて落下します。

そして時空を超えて同じ場所にもう半分が落ちます。

それは千年に一度のチャンスで、同じ場所で出会う不思議や、宇宙時空の存在を意味し、彗星の片割れの落下は、ツインレイが時空を超えて同じ場所で出会う奇跡を表しているようでした。

口噛み酒

三つ葉のおばあちゃんが「あんたらの半分」といって滝に飲ませる口噛み酒。

映画の中で、口噛み酒は半分の自分というメッセージがあり、こちらも三つ葉の半分である滝が、口噛み酒を飲むことにより、ストーリーに大きな変化がおきます。

このシーンは一番大切な物と引き換えに、相手と居る事を選択する、ツインレイの試練を表しているように感じます。

組紐

なにかの目印や匂いなど、ふとした事で忘れていた事を思い出す瞬間があります。

「君の名は。」では人と人との繋がりの強さを組紐で分かりやすく例えてくれています。

それはまさにツインレイの時空を超えた、最初の不思議な感覚の出会いを表しています。

 

これらのキーワードから起こる出来事はツインレイに出会っている人は、自分に起きている不思議な出会いが間違いではない確信を持ち、他のライトワーカーにも起きている事を理解し、腑に落ちた重要ポイントではないでしょうか。

まとめ

新海監督は「君の名は。」で、人生には出会うべき相手「運命の人」がいることを伝えています。

そして「君の名は。」は日本映画の最高成績を記録しました。

これが意味する事は、大事な目印となる組紐のように、これから沢山の人たちが、自分の使命やルーツを思い出していき、魂の片割れであるツインレイに出会っていく幕開けの合図なのだと感じます。

映画「君の名は。」をすぐ動画で観たい。

「君の名は。」はこちらの動画配信サイトのU-NEXTの31日間無料トライアル」で無料で観ることが出来ます。

他にも見放題動画 130,000本。

動画レンタル 20,000本を配信しているU-NEXT。(2019 7月時点)

31間無料トライアル中に解約しても料金はかかりませんので、この機会に「君の名は。」を試聴してみてはいかがでしょうか。

 

本ページの情報は2019年11月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


スピリチュアルランキング

ツインレイ
スポンサーリンク
シェアする
むんをフォローする
さんよんご次元

コメント