スポンサーリンク
ツインレイ

【無償の愛】ツインレイは見返りのない愛を体感・実践していく唯一無二のお相手

 

悩むもぐら君
悩むもぐら君

無償の愛とは具体的にどういうことなのか?

 

無償の愛とは「何かをしてあげたい」と、湧き上がる想いに対して、受け取る側も喜びを感じる想いや行為・行動であり

またその行動等に対して、見返りを一切求めない事だと思います。

 

むん
むん

そしてツインレイとの関係性は、無償の愛そのものだと感じます。

 

この記事で分かる事

ツインレイへの愛=無償の愛である「理由」

この記事を書いている私は2015年にツインレイに出会いました。

ツインレイとは現在統合し、一緒に暮らしていますが、今も尚、お相手が存在する事が当たり前だと感謝しなくなってきた頃に「無償の愛」を体感する出来事が起こります。

スポンサーリンク

無償の愛とは

 

冒頭でもお伝えした様に、繰り返しになりますが無償の愛とは、自分以外の他人に対して、一切見返りを求めたりせず

 

そのお相手が

  • 助かる
  • 嬉しい
  • 気持ちが安らぐ

などとといった行動を行ったり、またその様に感じる愛情を、形や想いなどで受け渡す事です。

 

無償の愛には、損得勘定や利害関係がなく、ご自身がお相手に対して「何かをしてあげたい」といった純粋な想いだけで成り立っていて

受け取った側も純粋な想いに心を撃たれたり、感動したり心が動かされる無償の愛。

 

とても次元の高い行動や想いです。

 

スポンサーリンク

ツインレイへの無償の愛【想い】

唯一無二のツインレイに対して。

 

出会った当初は普通の熱い恋心の様に

  • もっと会いたい
  • 沢山知りたい
  • 触れたい

 

など、肉体や思考について「共用したい」という想いが強いですが

ツインレイの「ステージ・段階」と言われている一定の流れをクリアしていくと、やがて自我を超えて無償の愛に辿り着きます。

 

関連記事

ツインレイに出会うと、乗り越えなければいけない【段階】とは

 

ツインレイとの「ステージ・段階」の中では、自我を手放す事が求められますが、

 

それはツインレイのお相手に対して

ただ幸せであればいい

 

といった想いだけになる事を意味します。

自身の気持ちよりも、心の底からお相手の幸せだけを望んでいる純粋な想いは

エゴを手放している状態=覚醒や悟りであり、これこそが無償の愛そのものだと感じます。

 

ツインレイへの無償の愛【行動】

ツインレイとの「ステージ・段階」の中で「目覚め」の体験は=無償の愛そのものであり

 

今までツインレイのお相手に対し

  • 連絡が欲しい
  • 気遣って欲しい
  • 振り向かせたい

などといった気持ちから

  • 電話をする
  • 気を引く
  • あれこれ考えて計算で動く

これらの「追いかける行動」

 

それを全てをやめ、何も求めなくなります。

 

お相手に対して「どうにかする事」をやめて、宇宙の流れに身を任せます。

こういったエゴの手放しは、ツインレイの女性側に起こる事が多く、

男性側は片割れである女性側の手放し=無償の愛を無意識に潜在意識でキャッチして反転し、自らも行動し、動きだします。

 

関連記事

ツインレイと統合間近になると変わる、自身の考え方や気持ち【3つ】

【ツインレイ】八方塞がりで止まっていた、ふたりの距離が動き出す時

 

ツインレイは魂をひとつにする為に

潜在意識を通わせながらも

物質的な地球でお互いの行動によって

「無償の愛」を「形」として分かりやすく体感する事が出来るのです。

 

最後に:ツインレイは「無償の愛」を体感しやすい

 

無償の愛とは「何かをしてあげたい」と、他者へ湧き上がる想いに対して、受け取る側も喜びを感じる想いや行為・行動であり

 

またその行動等に対して、見返りを求めないといった特徴があります。

 

自身の魂の半分を持つ、唯一無二のツインレイに出会うと、魂を統合させる為に何度もエゴを手放す挑戦を繰り返します。

まだ必要であるからエゴは顔を出し、お互いに剥き出しの魂で、何度も無償の愛を体感するのです。

 

むん
むん

深い闇と光の体感で何度も気づかされる「愛」こそが、ツインレイに出会う魂へのギフトだと感じます。

 

再生と破壊を生身の肉体で感じ、喜びも悲しみも沢山感じる分離した魂の統合への長い道のり。

それは無償の愛の体感に繋がっています。

 

 

今回は以上となります。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

 

 

ココナラ▷お名前・電話番号の入力不要。無料会員登録はこちら

スポンサーリンク
シェアする
むんをフォローする
さんよんご次元