スポンサーリンク
ツインレイ

ツインレイと喧嘩ばかり。どんどん遠慮がなくなっていく日々だけど、それも悪くない

悩むもぐら君
悩むもぐら君

ツインレイと喧嘩ばかりするので、イヤになります…

 

自身の魂の半分を持つ、たった1人の相手であるツインレイ。

大切な時間を過ごしたいのに、どうしても喧嘩や言い合いになってしまうのは何故だろう。

今回はツインレイとの喧嘩について、スポットを当てていきたいと思います。

 

この記事でわかる事

  • ツインレイとの喧嘩の内容【実体験】
  • ツインレイと喧嘩ばかりする理由

この記事を書いている私は、ツインレイとの同棲生活が6年程。

ツインレイとは、出会って1年位から喧嘩。

そして現在もよく喧嘩をしています。

 

スポンサーリンク

ツインレイとの喧嘩の内容【私達の場合】

私達ツインレイは、同棲開始直後から(今から約6年前)頻繁に喧嘩をしています。

喧嘩の内容の大体が、私のキャパオーバーによる爆発が原因です。

私達ツインレイは、統合前の段階から一緒に暮らす事になった、割と少ない事例に当てはまるかと思います。

その結果、ただでさえ大変なツインレイの統合への歩みを

女性側である私は、スピードを加速しながら、自立をしなければならなかったのです。

 

 

関連記事

ツインレイ女性の目まぐるしい変貌。統合前後で性格が変わる【変化の内容】

ツインレイ女性は優しい反面、スイッチが入ると非常に気が強いです

ツインレイ女性のクリアしたい課題。経済的自立と精神的自立について

 

 

精神の限界を何度も超える初めての日々は、ツインレイ彼に対して

  • 暴力を振るう
  • 寝込むまで追い詰める

 

この様な精神的にも肉体的にもダメージの大きい喧嘩を、幾度となくふっかけました。

 

ツインレイ彼も負けじと言い返してくるので、毎回本当に大変です。

(彼は一切手は出しません)

 

スポンサーリンク

ツインレイと喧嘩ばかりする理由

 

ツインレイ彼と喧嘩ばかりしてしまうのは、ツインレイとの歩みの中で喧嘩による自己解放が「必要」であるからです。

他のツインレイカップルと、比べる事がなかなかできない喧嘩の内容ですが、皆それぞれ魂が揺さぶられる、大変すざましいものだと思います。

何故なら、ツインレイは自分自身の片割れであり、自身自身にはない性質を持っている(担当している)お相手です。

自分が今まで特に受け付けない事・嫌悪感しかない行動を、あろう事に世界で一番特別で愛しい人物であるツインレイ彼が、あなたに提示してくるのです。

相反する相方の思考や行動は、正反対であるからゆえ、その嫌悪感の揺さぶりは、互いの魂が反発し合い、激しい喧嘩となるのは必然です。

 

ツインレイは陰陽マークの様にお互いの性質を認め、受容する事でひとつの塊となります。

ツインレイが地球で出会い生きるという事は、自分では意識はなくても、自らその喧嘩や憎悪を体験し、壮大な愛を感じたいからです。

ツインレイは磁石の様にお互いが+と+だと思い、喧嘩ばかりするのですが、

起こる全ての事を理解すれば、あっという間に女性側がくるっと意識を変換する事で、ツインレイの本質が+と−であり、ピッタリとくっつく現象が起こります。

 

関連記事

ツインレイと出会い統合する道のりは、今までの人生全てを失う覚悟がいる 

ツインレイは性格が真逆です。夫婦は正反対の方が上手くいく理由

 

まとめ:【ツインレイ】激しい喧嘩の内容や理由

ツインレイは、激しい喧嘩を幾度となく繰り広げます。

 

その内容はツインレイ彼に対して

  • 暴力を振るう
  • 寝込むまで追い詰める

 

など、女性側の感情が爆発する事で起こる喧嘩が殆どです。

 

女性側の成長や目覚めへの道、自分達の統合の為の最適ルートであるから、繰り返す喧嘩。

 

その内容を振り返ってみると、男性側はいつも見守っている事に気がつきます。

 

女性が真に目覚める時、そして目覚め統合した後も、言い合いや喧嘩は続いていくのも現実。

ですが、お互い自我を無くし、起きる事、思う事、あらゆる事がツインレイと生きる為のひとつのピースにすぎないと理解した時

もう喧嘩をする必要性がなくなるのだと感じます。

 

私達ツインレイは、一緒に過ごす様になり、6年になりますが、まだ喧嘩をしているのが現実です。

ですが本当にここ最近、あまり喧嘩をしなくなりました。

ツインレイは統合しても、光になる為アセンションし続けます。

自分達のペースで個性を大事にしていくのが、今の時代に寄り添う、身を任せる事だと感じています。

 

今回は以上となります。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

スポンサーリンク
シェアする
むんをフォローする
さんよんご次元