スポンサーリンク
ツインレイ

ツインレイが貴方から離れる理由。実際に離れた時に気づく事・思う事

 

 

悩むもぐら君
悩むもぐら君

ツインレイが離れる事はあるの?

 

むん
むん

ツインレイが、貴方から離れる選択をする事はあります。

 

今回は、ツインレイが離れる理由。実際に離れた時のお互いの気持ちなどに、フォーカスしていきたいと思います。

 

この記事を書いている私むんは、ツインレイと出会いもうすぐ7年目になります。

ツインレイと離れる事を考えた事は、数えきれない程あります。

スポンサーリンク

ツインレイが貴方から離れる時

ツインレイが実際に離れる時も、一般的な人間関係や恋人関係と同じ様な原因です。

どちらかがわがまま過ぎたり、忙しくて寂しかったりなど、意思疎通のすれ違いなどで

「この人と一緒に居てもお互いによくない」と感じ、我慢を超えた時に、たとえツインレイだとしても、統合前の段階では離れていく可能性があります。

 

ですが、一般的な人間関係での「離れる」意味と

ツインレイが「離れる」は、全く内容が異なります。

 

ツインレイは他人ではなく、同じ魂を持つ片割れなので、実際に離れる場合は、深い意味があります。

 

ツインレイが離れる理由①「個」としてクリアする事がある

私達人間は、壮大な宇宙の集合体の量子の「一粒」であり、

宇宙の生命体として、使命や目的があり、生かされています。

人生とは量子の個体として魂が肉体に宿り、皆ひとつ、ワンネスである事に、輪廻転生を繰り返しながら気がつく旅です。

 

ツインレイに出会うと決めた魂は、今世で人間でしか感じない体験を全て終え、人間としての輪廻転生はもうありません。

 

その為、自身が宇宙の人かけらであり、集合体である事に気がつく事になります。

それは、地球での体験や使命を終え、魂が宇宙の源に還るという事実。

その為ツインレイは、出会い〜分離〜再会を体感し、個としての学びを完全にクリアする必要があります。

固として学びをクリアし統合する為に、まだ離れる必要がある場合は、物質的に離れていきます。

 

関連記事

宇宙のサポートをひしひしと感じる【運命の人ツインレイとの出会い】

 

ツインレイが離れる理由②覚醒・目覚めに入る

ツインレイは出会い〜分離〜再会といった段階をクリアし、その流れの中で女性側の役割を持つ者が、覚醒・目覚めて統合します。

ツインレイに出会う魂は、この一連のステージの流れを必ず体験します。

 

関連記事

ツインレイに出会うと、乗り越えなければいけない【段階】とは

 

むん
むん

ツインレイが離れる時は、女性側の覚醒・目覚めの直前が圧倒的に多いです。

 

この離れる「分離」のステージ中で、女性側が覚醒・目覚める為には、本格的に個としての学びを終える必要があります。

 

スポンサーリンク

実際に離れた時気づく事・思う事など

ツインレイが離れた時、女性側は

  • ドン底
  • 無気力
  • うつ
  • 精神破壊

 

など、本当につらい思いをしますが、離れた男性側もあなたと同じ想いです。

 

関連記事

ツインレイの分離・サイレント期間中に男性が考えている事や気持ち【3つ】

ツインレイ女性のクリアしたい課題。経済的自立と精神的自立について

 

物質的には、男性側が離れたという事実があっても、ツインレイは統合の為に離れる為、潜在意識ではステージを着々とクリアしています。

本当にドン底(闇)を体験し、今まで感じた事のない光を体験する事ができるのです。

 

ツインレイが離れた時、ドン底・無希望に感じますが、離れる事でしか統合の道はないから、その現実は起こっています。

その意味に気がつく為には、忍耐が必要です。

 

関連記事

ツインレイと出会い統合する道のりは、今までの人生全てを失う覚悟がいる 

ツインレイとの日々は、精神疾患になる程の破壊と再生を繰り返す

 

闇に感じる出来事も、統合への完成のパズルのひとつであり

今は分からなくても、そのピースがなければ統合へのパズルは完成しないという事です。

時期がきたら、ドン底のその先の光に気がつきます。

「その日まで沢山悩む」それしかないのです。

 

ツインレイが離れる理由:まとめ

風の時代の流れと共に、ツインレイが貴方から物質的に離れる事も少なくなっていくかと思いますが、振り幅の大小があるだけで実際には必ず起こっていて、体感します。

 

ツインレイが離れる理由は

  1. 「個」としてクリアする事がまだある
  2. 覚醒・目覚めに入る

 

といった節目に、統合に進む為に起こります。

 

離れるのはつらいですが、全て統合へのステージをクリアしている証ですので、体感していくしかないのです。

 

 

今回は以上となります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

スポンサーリンク
シェアする
むんをフォローする
さんよんご次元