スポンサーリンク

ツインレイとの歩み。我慢や無理をしない事で自分への解放に繋がる

twin ray-work

ツインレイとの歩みは「試練」と言われているだけあり、統合に向けての前進には、忍耐を要する事が多いかと思います。

むん
むん

しかし、自分を偽る我慢や無理は、する必要はありません!

今回は「自分を偽る事」からくる、我慢や無理は必要がない理由を、解説していきたいと思います。

 

この記事はこんな方の参考になれば幸いです。

  • ツインレイとの歩みが辛い
  • 魂の一体感を感じるソウルメイトなのに、色々と無理や我慢してしまう
  • ツインレイとのステージの最中

 

本文を書いてる私は2015年の秋にツインレイと出会い、それから3年後に統合しました。

4年程、一緒に暮らしています。

スポンサーリンク

ツインレイには、言いたい事を我慢をしなくていい

twin ray-work

私の場合、ツインレイに対し無理や我慢は結構していました。

我慢しない方がツインレイとの学びは進み、加速するんだなと、今になって感じています。

ツインレイに対して我慢をしないでいい具体的な理由は

  1. 自分の本音を知る為
  2. エゴを手放す
  3. 相手は自分自身なので全てお見通し

主にこの様な3つの理由が挙げられます。

詳しく解説していきたいと思います。

我慢しないでいい理由 ① 自分を本音を知る為

自分自身の魂の片割れであるツインレイは、目に見える形で、客観的に自分自身を「観る事」が出来ます。

むん
むん

鏡で見る様に、お相手の姿を通して自分自身の魂がよく観えます。

そうやって第三者の目線から、自分自身を見てしまうので、他人に感じる感覚で、割と冷静に自分自身を知ってしまいます。

その為、自分でも知らなかった隠された本音に気づきます。

ツインレイのお相手には我慢せず、自然体で居てくれればくれる程、自身自身の本音が解ります。

逆もまた然り。自分自身も我慢や無理をしない方が、ツインレイのお相手も自分自身が観えていきます。

我慢しないでいい理由②エゴを手放す

エゴを手放すには、まず自分を自由にする事が大事だと感じます。

何故ならエゴ=自我なので、自分の本音と向かい合うと、必ずと言っていいほど見栄や競争、プライドなど、当たり前の様に定着しきった、目を背けたくなる自我があります。

インナーチャイルドの癒しが必要な人は大勢います。

むん
むん

インナーチャイルドとは「自分の中の傷ついた子供の心」を指します。

その傷ついた心は深く根付いていて、自分を守る為の鎧としてエゴといった形に変えていきます。

エゴを手放すには、自分の本音を我慢せず解き放つ事から始まります。

我慢しないでいい理由③ 相手は自分自身なので全てお見通し

何度も繰り返しお伝えしていますが、ツインレイは写し鏡よりもリアルな自分自身。

その為、相手には全てお見通しです。

ツインレイはハイヤーセルフが繋がっている為心の中の隠し事や、思っている事、遠くに居てもツインレイの現状が分かってしまいます。

むん
むん

ハイヤーセルフとは高次元での自分の魂の事を指します

ツインレイ同士は全てお見通しなので、我慢したり、偽る事は違和感でしかなく、統合や統合後の学びの妨げにしかなりません。

 

まとめ ツインレイに我慢は必要ない!

twin ray-work

ツインレイの間には、我慢や無理は必要がない理由を、紐といていきました。

最後にもう一度振り返っていきます。

ツインレイに対して我慢をしないでいい具体的な理由は

  1. 自分の隠された本音をツインレイを通して客観的に知る為
  2. エゴを手放す為
  3. 相手は自分自身なので全てお見通しだから余計な我慢をする必要がない

主にこの3つが、我慢や無理しなくていい具体的な理由です。

ツインレイは自分自身。ありのままの貴方で居る事で、愛が深まっていきます!

 

 

ツインレイ
スポンサーリンク
シェアする
むんをフォローする
さんよんご次元