ツインレイ

ツインレイとうまくいかない時は、お相手ではなく○○と向き合う時

 

悩むもぐら君
悩むもぐら君

ツインレイとなかなか思うような進展が無いです。

 

ツインレイとの関係が停滞していたり、障害が起きてうまくいかない時は

ツインレイのお相手ではなくて「自分」に目を向ける事が必要です。

 

今回は、ツインレイとうまくいかない時に、何故お相手ではなく「自分」と向き合う必要があるのか?

そこにフォーカスしていきたいと思います。

 

この記事で分かる事

  • ツインレイとうまくいかない理由
  • 自分と向き合う重要性

 

この記事を書いている私は、ツインレイと統合し、現在は一緒に暮らしています。

ツインレイとうまくいかない時は自分自身の何かを認めていない、または許せない事が原因である事が、殆どだと感じています。

 

スポンサーリンク

ツインレイとうまくいかない時

「ツインレイと、どうもうまくいかない」と悩んでいる時、うまくいかない理由にばかりに焦点がいきやすいですが

実際にはお相手との間に問題が起こっている訳ではなく

自分の「弱さ」を、受容出来なかったり、許せなかったり、自分の何かを拒否している自身の思考が問題です。

 

自分の「弱さ」とは

  • お相手に尽くさなければ、愛は貰えない
  • 痩せていなければ、馬鹿にされる
  • 仕事が出来なければ、路頭に迷う
  • この問題を今すぐ解決しなければ、信用を失う

 

など、理想通りに思うように出来なければ「ダメ」だと思い込む、恐怖でいっぱい自分自身です。

ツインレイとうまくいかない理由は、弱い自分自身を認められずにいるからです。

 

スポンサーリンク

しかし、本当に弱いのは…

弱い自分、情けない自分の事は、大抵の人が認めたくないですよね。

 

むん
むん

認める事(受容)と開き直りは別です。

 

私達は自分で思っている以上に、弱い自分を責めて、否定し拒否しているクセがあります。

特に第三者の目を気にすると、自身の弱さを責めて、拒否する事を何度もしています。

 

しかし本当に弱いのは、上手く出来ない自分ではなく

その出来ない自分を否定し、拒否している自分自身である事を

私達人間は、肝に銘じなければいけないと思います。

 

自分を拒否しているとツインレイとうまくいかない

弱い自分を拒否する事自体、大きなエゴであり

エゴが大きくなっている時、ツインレイとうまくいかないのは当たり前です。

 

何故ならツインレイは、自分自身の分身です。

 

あなたがあなたを拒否して嫌っているのなら、まるで写し鏡の様に

ツインレイのお相手はあなたを拒否してきます。

 

ツインレイはそのままのあなたを、愛してくれる人です。

 

弱い自分も嫌いな自分も、受け入れて許した時、うまくいかないといった悩みは消滅します。

 

ツインレイは自分自身をまるで写し鏡の様に、客観視できるお相手。

そんな人に出会ったのなら、弱い自分を拒否する事、許さない事から世の中の全ての分離が生まれる事がよく理解できるはずです。

 

人間が自身の弱さや情けなさを受容する事が出来れば

戦争や貧困、差別は起きる事はないです。

 

そもそも悩み自体がエゴであり、全てを受け入れる事で、私達は今すぐ全てから解き放たれ、ラクに生きられるのです。

 

まとめ:自分自身と向き合い、許す事でツインレイとうまくいく

ツインレイとの進展が停滞していて、うまくいかない。

そんな風に感じている時は、ツインレイのお相手との間に問題が起こっている訳ではなく

 

自分自身の「弱さ」を、受容出来なかったり、許せなかったり、自分の何かを拒否しています。

 

ツインレイとうまくいかない時は、どうしても見たくなかった自分と向き合い

そんなどうしようもないと思っている自身の思考も受け入れ、許す事で

停滞していた関係が動き出していくことでしょう。

 

 

今回は以上となります。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

 

関連記事

【ツインレイ】八方塞がりで止まっていた、ふたりの距離が動き出す時

究極の運命のお相手【ツインレイ】それなのになかなか結ばれない理由

 

スポンサーリンク
シェアする
むんをフォローする
さんよんご次元