ツインレイ

ツインレイの意外な見極め方【和む反面、緊張する事が結構長く続く】

出会ったらもう離れたくない位、一心同体感を感じる自分自身の魂の片割れであるツインレイですが

その反面、ふたりが一緒に居る事に慣れるまで、時間がかかり緊張する状態が長く続きます。

 

今回は繋がっている感覚が強いツインレイなのに、会う事に対し非常に緊張する理由についてフォーカスしていきたいと思います。

 

この記事で分かる事

・繋がっている感覚が強いツインレイなのに緊張する・緊張感が長引く理由

この記事を書いている私は、ツインレイと出会い統合しました。

現在は全てさらけ出していますが、一緒に住んで毎日顔を合わせていても、1年半位は落ち着かなかったり、緊張する事が続いていました。

スポンサーリンク

連帯感が強いツインレイなのに緊張する期間は長い

初めて会った特、今まで知り合った人とは全く違うレベルで

  • 懐かしさ
  • 安心感
  • 連帯感

を感じるツインレイ 。

 

関連記事

宇宙のサポートをひしひしと感じる【運命の人ツインレイとの出会い】

ツインレイは常に繋がっている為、色々と息苦しい【主な原因3つ】

 

これ程までの連帯感を感じるツインレイですが

意外と統合するまでは何度会っても、緊張する状態が続きます。

 

何故ならツインレイとの日々は

  1. 挑戦し続けなければいけない試練だらけだから
  2. お相手の高くそびえ立つ心の壁を前に毎回ひるむ
  3. 自分自身を客観的に観る事になる

 

この様な、今までの生活や価値観を超えていかなければならない現実がある為

必然的に緊張感を持つ日常が続きます。

 

ツインレイに緊張する理由①挑戦し続けなければいけない試練だらけだから

ツインレイは出会う事が奇跡と言われている、この世でただ1人の自分自身の半分の魂を持っているお相手です。

今世でツインレイに出会ったのなら、あなたの魂はもう数えきれない位地球に転生してきている「オールドソウル」であり

 

ツインレイに出会う事で、地球の転生がもう今世で最後を迎える事を意味しています。

 

ツインレイとの出会いは、自身の分離に気づき、お相手への愛は自身への愛であり、その愛は宇宙全ての集合体へ還る「気づき」の総仕上げです。

その気づきまで道のりは、人間としての最後の学びを挑戦し続ける日々なので、精神的にも肉体的にも緊張する日常が長く続いていきます。

 

ツインレイに緊張する理由②高くそびえ立つ心の壁を前に毎回ひるむ

ツインレイと出会うと、皆一定の流れがあります。

その期間の長さや濃さは個人差がありますが、その中でツインレイ男性側が、「逃げる」といった役割があり、その期間は「サイレント期間」と言われていて女性側を大いに悩ませます。

 

関連記事

ツインレイのサイレント期間はいつまで?終わりのタイミング【実体験】

ツインレイのサイレント期間や試練がない?スムーズに統合する方法

ツインレイに嫌われた時、何が起こっているのか?【理由や解決方法】

 

特別な想いを互いに分かち合ったはずのお相手の心が、高くそびえ立つ壁の向こうに行ってしまったと感じた時から

絶望感から一気にひるみ、心は不安定になり、緊張する状態は続きます。

 

ツインレイに緊張する理由③自分自身を客観的に観る事になる

ツインレイは、あなた自身の魂の半分を持つこの世でただ1人のお相手です。

物質社会の3次元で表すのなら、ドッペルゲンガーの魂版の様な衝撃であり、出会った当人しかこの衝撃は分かり合えません。

 

そして、この世は目に見えている物だけが全てではない事を、嫌でも体感する事になります。

 

物質社会の3次元で、自分自身を客観的に観る事は非常に不思議であり

3次元と5次元を行ったり来たりする事になるので、常に緊張する日々が続きます。

 

スポンサーリンク

ツインレイは緊張する期間が長く続く理由のまとめ

ツインレイの意外な見極め方として「緊張する期間が長く」事が挙げられます。

 

その理由として

  1. 挑戦し続けなければいけない「試練」だから
  2. お相手の高くそびえ立つ心の壁を前に毎回ひるむ
  3. 自分自身を客観的に観る事になる

 

などが挙げられます。

 

ツインレイとの日々は、地球で人間としての最後の学びを完結する為の歩みです。

光と闇のコントラストは深くなり、とてつもない安心感(光)がある一方で、それと同じ位精神も凄く乱れ緊張する状態が続く(闇)もセットなのです。

 

今回は以上となります。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

 

 

おすすめ本

ツインソウル・ツインレイとは何か。全てが詰まった名作です。

アミ小さな宇宙人 /徳間書店/エンリケ・バリオス

 

 

 

 

スポンサーリンク
シェアする
むんをフォローする
さんよんご次元