ツインレイ

ツインレイ男性の分かりやすいアプローチ方法【経験談3つをご紹介】

 

悩むもぐら君
悩むもぐら君

ツインレイ男性のアプローチ方法が知りたいです。

 

今回は私「むん」が、実際ツインレイ男性にされたアプローチをご紹介したいと思います。

 

むん
むん

参考になれば幸いです♪

 

この記事はこんな方に読んでほしいです

  • インレイの男性の実際のアプローチ方法が知りたい
  • ツインレイに出会った人の、体験談が知りたい

この記事を書いている私は、5年前にツインレイと出会いました。

出会ったばかりの頃のツインレイ男性のアプローチ方法について、記憶を遡って書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ツインレイ男性のアプローチは「直球」

ツインレイ女性と初めて対面したツインレイ男性は何かを感じとり、仕事中であれ、プライベートであれ、必ず女性側に接触しようと近づいていきます。

 

そして実際に、自分の高揚した気持ちをストレートに表現します。

 

この時、ツインレイ男性は無意識の事も多く、自身ではアプローチに気がついていなかったり、伝えた言葉も覚えていない事が多いです。

 

私の場合は、彼が仕事中であり、部下も周りにいた状態だったので

近づいてきて話しかけては来たのですが、アプローチは控えめでした。

それでも彼の性格や行動パターンを知っている今、振り返ると「あの時アプローチを、かなりしてたんだな」と分かります。

そして私達の場合、2回目の再会の時に、彼のアプローチは炸裂しました。

 

この事から、ツインレイの性格、出会った場所や状況によっては、アプローチの温度はかなり個人差があると感じますが、それでも男性は必ず何かしらのアプローチをしてきます。

 

ツインレイ男性がほぼ必ずしてくる「アプローチ行動」を具体的にまとめると

  1. 接近して話しかけてくる
  2. また会いたいといってくる
  3. 頻繁に連絡が来る

 

こんな感じです。

 

ツインレイ男性のアプローチ その①:接近して話しかけてくる

ツインレイ女性と初めて対面した時、普段は冷静なツインレイ男性でも、何かを感じとり、仕事中であれ、プライベートであれ、必ず女性側に接触しようと近づいていきます。

 

むん
むん

初めて出会った時に、先に一目惚れしたり、特別な感情に気づき、行動を起こすのは男性側です。

 

そして実際に話しかけてきて、自分の高揚した気持ちをストレートに表します。

 

この時、瞳を見ればお相手の気持ちが分かる為、会話内容については実際あまり意味を持たなかったり、内容が入ってこないかもしれません。

この実際の会話と、魂の交流の境界線が曖昧で異空間、未体験過ぎる現象。

これこそが、ツインレイのファーストコンタクトで起こる大きな特徴です。

 

関連記事

ツインレイとの恋愛と普通の恋愛の違う点3つ

偽ツインレイとは?特徴や見分け方。真のツインレイとの決定的な違い

【ツインレイ男性】初対面の時の行動と、目覚めた時の行動。

 

ツインレイ男性のアプローチ その②:また会いたいと言ってくる

ツインレイ男性は、すぐまた会いたいと伝えてきます。

やっと出会えたツインレイ女性に対し、アプローチしてこない理由がありません。

そしてこれは個人的な問題ではなく、ツインレイのプログラムが開始された証であり、頻繁に物質的に接触し、段階を経て目覚める事が、目的であるだからです。

 

ツインレイ男性のアプローチ その③:頻繁に連絡が来る

ツインレイ男性は、ツインレイ女性に出会った瞬間から、今まで感じた事のない、高揚した想いを、寝ても覚めても感じています。

抑えきれないこの想いは、実際に行動に出てしまい、結果として頻繁に連絡をしてきます。

 

むん
むん

私の場合は、毎回丁度よいタイミングでLINEや電話での連絡が来ていたのを覚えています。

 

スポンサーリンク

最後に:ツインレイ男性のアプローチ方法はお互いに忘れてしまう程の事である

 

ツインレイ男性がほぼ必ずしてくる「アプローチ行動」は

  1. 接近して話しかけてくる
  2. また会いたいといってくる
  3. 頻繁に連絡が来る

 

こんな感じですが、実際に行動した男性側も、あまり覚えていない事が多く

アプローチを受けた私自身も、だんだんと忘れてしまっているのが事実です。

行動や発言は物質的な3次元なので、手放していくにつれ、記憶が薄れてしまいます。

 

それでもあの時だからこそ感じられた異空間の感覚、未体験過ぎる魂の交流・高揚感はツインレイの醍醐味であり、記憶と魂に、鮮明に焼き付いています。

この記事を書いていく内に、その時の感情を、今この瞬間に書いて残す事も、大事な事なのかもしれないなと感じました。

 

 

今回は以上となります。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

シェアする
むんをフォローする
さんよんご次元