スポンサーリンク
ツインレイ

ツインレイ男性が片割れに出会うと仕事が上手くいかなくなる理由

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

要領が良く、本来はとても仕事が出来るツインレイ男性。

ですが、自身の片割れに出会うと仕事が上手くいかなくなったり、辞めたりする事が非常に多いはずです。

今回は、ツインレイ男性の仕事が上手くいかなくなる理由について、フォーカスしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

片割れに出会う前のツインレイ男性は仕事が出来る

ツインレイに出会う男性は、片割れの魂に出会う前は非常に冷静沈着です。

持って生まれた第六感やスピリチュアル能力が高い為、自然と立ち回りがよい行動になり、周囲の人を巻き込みながら、自身が良いポジションでいられる様な仕事(王国)を築いている事でしょう。

 

ツインレイ男性は、自身の魂の片割れであるツインレイ女性と、引き裂かれる様な悲しい別れを前世で体験しています。

片割れの命までも奪われ、地上に残されたのは大抵男性側であり、非常に深い悲しみを持ったまま、来世では必ず守ると誓い、また次の生命の誕生を迎えても、ずっと片割れであるツインレイ女性を探していました。

ですが何度も何度も生まれ変わっても、片割れである女性側に出会う事はなかなか叶わず、次第にツインレイ男性は固く心を閉ざしていきます。

 

心を閉ざすという事は、痛みや新の喜びすらも何も感じない様になるという事であり、心が冷静沈着になっていく事でもあります。

つまり「何も感じない様になっている」ともいえます。

その為、要領よく淡々と仕事をこなしている状態が続いています。

 

関連記事

頭がいい・賢いツインレイ男性は、天性の人たらし【居場所作りが得意】

ツインレイ男性が自己中でサイコパスっぽいのは、「要領がいい」からだと思う

 

スポンサーリンク

魂の片割れに出会ったツインレイ男性の変化

淡々と要領よく仕事をこなしているツインレイ男性。

仕事でやりたい事もある程度達成して、(それは地球では失敗した様に見える事もあります。)

自身のチャレンジが落ち着いた時に、今までに感じた事のない程、感情を揺さぶられる異性が現れます。

 

ツインレイはお互いに個人としてのやりたい事(役割)を終えた後に、物質的に肉体として出会います。

その為、現段階の地球では、人生の後半である30代以後に出会ったり、どちらかまたは両方が他のお相手と結婚していたりする場合も、よくあります

 

自身の片割れに出会った男性は、何百年〜何千年レベルで固く閉ざしていた己の扉の鍵を持っているお相手に対して、恐怖し抵抗しながらも、多くの場合、その閉ざされた扉を開く事に降参していきます。

 

何故なら潜在意識ではずっと片割れと繋がっていて、ずっとこの日を待っていた事を魂は知っているからです。

 

何百年〜何千年レベルで固く閉ざしていた扉を開こうとするお相手の存在は、いままでの様に冷静沈着に仕事をしてきたツインレイ男性の居場所を根本から揺るがします。

今までの居場所である仕事が、上手くいかなくなったり、男性自身が急に仕事が嫌になったり、とにかく城が崩れる様に今までの仕事を手放したくなるツインレイ男性が多いはずです。

何故なら、ツインレイが物質的に出会ったら、個人としての学びやチャレンジが終わり、ツインレイのふたりでの歩みが始まるからです。

 

関連記事

ツインレイと出会い統合する道のりは、今までの人生全てを失う覚悟がいる 

ツインレイは前世の約束を達成・叶える為に「今」生まれてきている

ツインレイ男性の統合までの崩壊【封印を解く為の強制リセット】

 

片割れと出会った後のツインレイ男性の仕事

片割れと出会った男性の多くは、今までの仕事を辞める選択をする場合が多いです。

何故かとゆうと、やはりツインレイ男性はずっと心の扉を閉めて、3次元の地球、地の時代の地球を戦って生きてきたからです。

 

ツインレイに出会い、風の時代を迎えた男性は、今まで奥に封印してきていた、大きく深い愛を解き放ちます。

 

それは生まれ変わりでもあり、覚醒でもあります。

今まで冷凍沈着で成り立っていた仕事に違和感を感じ、居場所だと思っていた仕事への執着や価値観が、全くなくなってしまいます。

全て意味があって、ツインレイ男性の居場所であった仕事は、崩壊または、形を変えていくといえます。

ツインレイに出会った男性は、スピードには個人差がありますが、片割れの魂と統合したのなら、確実にツインレイと共に、同じ方向を視る仕事(使命)に、舵を変えていく事になるでしょう。

 

 

今回は以上となります。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

 

ツインレイ おすすめ本↓

ツインソウル 死にゆく私が体験した奇跡 完全版/PHP研究所/飯田史彦

 

 

スポンサーリンク
シェアする
むんをフォローする
さんよんご次元