ツインレイ。自分の半分の魂に人生の後半で出会う意味

twinkouhan

悩むもぐら君
悩むもぐら君

今までの人生を変えるほどの運命の出会いは、なぜ人生の後半に訪れる事が多いの?

むん
むん

運命の出会いは、人間の学びの最後の「仕上げ」。だから、全て体験した人生の折り返し地点に、出会う確率が高くなります!

自分自身の双子の魂であるツインソウルや、魂の半分であるツインレイとの出会いは、なぜ30代後半以降が多いのかを、今回は詳しく解説していきます。

 

この記事で分かる事!

  • 人生の後半で運命の人と出会う意味
  • 人生の醍醐味

2015年の秋、私むんはツインレイと出会いました。

出会った瞬間から始まるとされている、7つの段階をクリアし、出会いから3年後に統合。

現在一緒に暮らしています。

ツインソウル・ツインレイと30代以降で出会う意味

自分にとって大変意味のある出会いは、人生の後半である、30代以降に訪れる事が多いです。

アラサー以降にツインソウル・ツインレイ出会う意味や理由としては

  1. 喜怒哀楽を、一人で体験する必要がある為
  2. 相手と自分の成長の違いによる待機
  3. 沢山の経験から本当の愛を理解する為

です。詳しく解説していきます。

喜怒哀楽を、一人で体験する必要がある為

人はこの世に誕生し、少しづつ成長していきます。その課程で、どこか心の未完成を感じ、それが何かわからないまま、心の拠り所の様なモノを探し始めます。

むん
むん

青春といいます♪

好きな事をしたり、受験勉強を頑張ったり、恋をしたり、失恋して落ちこんだりと、様々な経験と、他人との関わりの中で喜怒哀楽を感じて自分を知ります。

この様な感情は心の未完成=孤独を感じていないと味わえません。

運命の人は、1人で体験する、全ての学びが終わったタイミングで現れます。

青春を謳歌する為に、個人での喜怒哀楽の体感が必要です。

相手と自分の成長の違いによる待機

pazuru

魂の成長の進み方は、環境などによって、多少時間差が生まれます。

運命の人は、1人で体験する全ての学びが終わったタイミングで現れます。

同じ魂の半分のツインレイや、双子の魂のツインソウルでも、片方が先に地球に生まれて来たり、異なる環境で育つ事で、成長に差がでる事はよくあります。

先に学びを終えた片方は、待機することになります。

その為、待機の時間で、人生の後半の出会いとなることが多いです。

沢山の経験から本当の愛を理解する為

ツインソウル・ツインレイに出会う人は辛い経験を沢山してきた人です。

強い光を経験するには、同じ強さの闇も体験するようになっています。

光と闇、陰陽はワンセットであり、沢山の光と闇の経験で、本当の愛を理解し、人生の後半にやっと出会う設定になっています。

悟り世代と言われる今の子供達は、数ある転生をクリアし、最後の学びとして生まれてくるライトワーカーが多く、辛い経験をする意味や必要がないと言われていて、前半でツインソウル・ツインレイに出会う事例も、増えています。

まとめ

自分自身の双子の魂であるツインソウルや、魂の半分であるツインレイとの出会いが、30代後半以降に多い、その意味や理由は

  1. 喜怒哀楽を、一人で体験する為
  2. 相手と自分の成長の違いによる待機
  3. 沢山の経験から本当の愛を理解する為

であり、個人として体験する、全ての学びが終わったタイミングで現れる為、どうしても人生の後半の出会いが多くなっています。

異性にフォーカスし、必死に探しても、自分の学びを終えないと出会えません。

自分を一生懸命に生きていると、いずれ運命の人に出会うので、今の1人の人生を楽しむ事が最善です♪

ツインレイ
スポンサーリンク
シェアする
むんをフォローする
さんよんご次元

コメント